税務情報

消費税を納めるかどうかの判定(個人事業主)

「売上が1,000万円超えたんだけど消費税は納めるの?」


消費税については、増税の動きもあり  実務家としては目が離せなくなってきました。
ここで、一旦基本にもどって、そもそも消費税を納める義務が あるのかどうかの判定を説明したいと思います。

 
消費税を納めるかどうかの判定は原則として今年の売上が1,000万円を超えるかではなく、今年の前々年(2年前)の売上が1,000万円を超えるかどうかにより判定します。

 
例:平成24年の売上が1,200万円平成22年の売上が800万円だったとします。

 
この場合には、平成24年についてはその年の前々年(平成22年)が 1,000万円の売上を超えていないため消費税を納める義務はありません。

 
以上の判定は、原則になりますので相続により事業を引き継いだ場合などは判定方法も変わってきますのでご注意ください。

 
(注)平成25年以後の判定については、その年の前年(1年前)の売上や給料も判定要素になりましたので詳しくは専門家にご相談ください!

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など