税務情報

人間ドックの検診料の負担

使用者が福利厚生の一環として行う人間ドックの検診料を負担することとしていても、次のような条件で実施している場合には給与として課税しなくて差し支えないものと考えられます

 
①特定の者だけが検診の対象となるのではなく、例えば、一定の年齢以上の者であればすべてその検診の対象となるものであること。

 
②その人間ドックによる検診の内容が健康管理上の必要から一般に実施されるものであり、その費用として通常必要であると認められる範囲内のものであること。

 
③検診費用の額は、会社から診療機関に対して直接支払われるものであること。

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など