税制改正

前のページに戻る

15年度税制改正大綱

今年は解散総選挙などで決定がおくれていましたが
先ほど大綱が正式に決定しました。

気になったものだけ簡単に

 

<法人税>

 

・16年度までの2年間で法人実効税率の3.29%引き下げを目指す。
減税幅は15年度に2.51%、16年度は0.78%

・赤字企業にも資本金や給与総額に応じて課税する大企業向け外形標準課税の課税を強化

・企業の受取配当金への課税を強化。保険業のみ軽減措置を導入

・大企業の欠損金の繰越控除を縮小

・研究開発減税を縮小

などです。
ほとんどが大企業に影響するもので中小法人には影響がないものですね。

国際的にみて割高になっている法人税率を下げて
他で財源を補充する形になっています。
利益を出している企業に手厚く、赤字企業には厳しい改正ですね。

 

<贈与関連>

 

・住宅購入資金の非課税措置を19年6月末まで延長。
贈与税の非課税限度枠は最大で3000万円に拡大

・結婚・子育て資金は15年4月から19年3月までに贈与された資金に限って
1人当たり1000万円まで非課税

贈与は精算課税改正の流れなどもありますし
やはり上の世代から下の世代への移転を促進したい意図がとれます。

 

特に消費税が10%に上がるタイミングで
住宅購入資金の非課税を最大3,000万にする予定ですので
今年の消費税増税に伴ってGDPが大きく低下した部分を
住宅などで補てんしたいということなのでしょう。

 

 

選挙も終わりアベノミクス継続ですので
財務や経済対策などやることは山積みなのでしょうが
日本の景気がよくなり中小企業にも還元されるようになってほしものですね。

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など