税務情報

使用人賞与の損金算入時期

法人が使用人にたいして支給する賞与の損金算入時期については原則として支給した日の属する事業年度とされていますが、次に掲げる場合には、それぞれ次の事業年度の損金の額に算入されます

 
(1) 労働協約又は就業規則により定められる支給予定日が到来している賞与(使用人にその支給額の通知がされているもので、かつその予定日又はその通知の日に属する事業年度においてその支給額につき損金経理しているものに限ります。)

 
その支給予定日又はその通知をした日のいずれか遅い日の属する事業年度


(2) 次に掲げる要件のすべてを満たす賞与

 
使用人にその支給額を通知をした日の属する事業年度


① その支給額を、各人別に、かつ、同時期に支給を受けるすべての使用人に対して通知していること

 
② ①の通知をした金額をその通知をしたすべての使用人に対しその通知をした日の属する事業年度終了の日の翌日から1か月以内に支払っていること

 
③ その支給額につき①の通知をした日の属する事業年度において損金経理をしていること

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など