税務情報

従業員の慰安旅行

今回は従業員さんとの慰安旅行に行った場合の取扱いを説明したいと思います。

 
一般的に従業員さんと慰安旅行に行った場合には 形式的に次に掲げる要件を満たしていれば従業員さんに経済的利益はないものとして取り扱われます。

 
●その旅行が4泊5日以内であること

●その旅行に全従業員の50%以上が参加していること


ただし、この取扱いは、形式的に満たしている場合でも従業員さん一人当たりの旅行費用が「高額」になる場合には従業員さんに経済的利益があったものとして給与課税されてしまうことになります。
この「高額」というのが、形式的にいくらという規定がないので裁判の判例などを参考に考えていくしかありません。

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など