税務情報

渡切交際費

今回は、役員や従業員さんに対して毎月一定額を交際費として支給し精算をしていない場合の取扱いを見ていきます。

 
会社が役員や従業員に毎月一定額を交際費として渡している場合には精算をしていない限り、その役員や従業員に対する「給与」として取り扱われることになります。

 
この場合には、「給与」になりますので会社には源泉徴収をする義務が生じます。
また、役員に対する渡切交際費は、毎月一定額なら経費にすることができるのですが毎月金額を変えている場合には、経費にならないことにもなるのでさらに注意が必要です。  (定期同額給与にならないためです。)

 
会社の経費は、不正などにもつながりますので  精算することが基本ですね!

税理士をお探しなら日野市の千葉税理士事務所へ

千葉税理士事務所のお約束

  • お客様からのご質問やご要望には素早く対応します。
  • お客様には税理士がわかりやすいことばでご説明します。
  • 料金は契約時に必ず明確にさせていただきます。

電話でのお問い合わせ TEL042-511-4932

お問い合わせはこちら

税理士紹介

日野市の千葉税理士事務所
税理士の千葉大亮です。
千葉税理士事務所は日野、八王子、立川その他多摩地域を中心に活動しています。
お気軽にお問い合わせください!

千葉税理士事務所

〒191-0001
東京都日野市栄町1-35-9
ポラリス3階

千葉税理士事務所 TEL042-589-6300

お問い合わせはこちら

主な対応地域

日野市・八王子市・立川市・調布市・府中市・国立市・国分寺市・町田市
その他多摩地域・埼玉県・神奈川県など